トップ

駐車場にも固定資産税が課税 

民間の駐車場では、近隣にマンションや住宅街があればその需要は多くなっています。本来であれば、マンションや自宅の敷地内にあれば問題はないのですが、現状の問題としては路上駐車が多く見受けられます。駐車する場所が確保できないことや各所有者のモラルにも関係しています。相続などで土地を所有した場合に民間の駐車場を経営するとなると、それまでとは土地の使用用途が異なるために固定資産税が課税されます。保有する土地や家屋に対して市町村から税金が課税されます。申告により償却資産を把握するために、登記等の手続きが必要ないこれらに対しては市町村が把握する事が出来ないのですが、課税の対象になることを覚えておく必要があります。

駐車場の固定資産税について 

駐車場にも固定資産税がかります。住宅用地の場合には、固定資産税の減額適用がうけられます。課税標準が評価額の1/6や1/3になります。それは雑種地や更地と分類され、上に建物がないので、軽減措置が利用できません。ですから、高くなります。ただし、賃貸住宅のそばにあり、入居者が利用するのであれば、住宅を含めた一帯の土地と評価されるので、減額適用が受けることができます。入居以外に利用する土地には減額適用がうけられないことになります。駐車場が有料であるか無料であるかは関係ありません。あくまでも土地の利用方法で適用されます。

駐車場税金